朝陽の入るキッチン


私の大好きな朝陽の差し込むキッチン。
この度そんな素敵なリフォームを、豊中市のMさま邸で施工させていただきました。

リフォーム前は、同じ場所に少し小さめの単板の型板ガラス仕様の窓があった状態。
明るくはあったのですが、窓から直射する日光のキツさを和らげるため、日除けをされていました。

今回のリフォームのポイントは、日の光が入ることによるメリットは最大限に生かし、デメリットは最小限に抑えること。
無断熱状態だった床と天井に断熱材を敷き込み、窓を断熱サッシに交換。ガラスはLOWEの遮熱仕様の複層ガラスを提案させていただきました。

<LOWEガラスとは>
日射遮蔽率の高いガラスで、複層ガラスの内側に熱の伝わりを抑えるLow-E膜をコーティングして性能を向上させています。高い断熱性能と日射遮蔽性能を両立し、夏は涼しく、冬は暖房熱を外へ逃がさい仕組みとなっており、太陽の日射や照り返しなどの熱の流入を遮断することで、室内の暑さを抑える効果も備えている優れものなんです!

西日対策や紫外線による色あせ防止にお悩みのお宅にもとってもお勧めです。

窓を大きくしてこれだけの光が入ってくるようになったMさま邸のキッチンですが、以前とは違い、暑さによるストレスは大幅に軽減されています。

開口部や壁の断熱性能を高め、住宅の省エネ化を図るリフォームを行ったMさま邸。
既にブログやコラムで紹介してる「こどもみらい住宅支援事業」の対象となりますので、弊社で申請を行います。
申請が承認されれば補助金が支給されますので、Mさまにも喜んでいただけることと思います♪

ぜひ皆様も、このような国策補助金を上手に活用して、ご自宅の省エネ化を進めてみてはいかがでしょうか?
詳しくはお気軽に Resta home SEN までお問い合わせくださいませ。

※Mさま邸の施工事例は現在準備中です。

こどもみらい住宅支援事業に関するコラム ⇒ https://restahome-sen.com/column/subsidy01/

こどもみらい住宅支援事業/公式ホームページ ⇒ https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/